2006-05-28

Fedora Core 5 をインストール

自宅のマシンを Fedora Core 5 にアップグレード。インストール・メモを書いとく。

もともと、Fedora Core 4 をクリーン・インストールしていたのだけど、yum upgrade から FC5 へのバージョン・アップに失敗してグダグダになってた。で、1000 円のインストール用ムックを購入。FC5 にアップグレード。

Linux のインストールは慣れてるつもりだったけど、ビデオ・ボード Inno3D Tornado (nVIDIA) GeForce2 MX Lite 32 MB AGP OEM が認識されず、テキスト・モードでのインストール。テキスト・モードだと UTF-8 が表示できないとかで、日本語表示にならないのね。ひさしぶりに、英語のテキスト・モードで Linux のアップグレードを実行。

FC4 のインストール時には、ビデオ・ボードを認識したんだけどな。FC5 でバグでも入ったんだろか。

アップグレード後は、shared library を見つけられず、twm が起動。

# /sbin/ldconfig

で、Gnome が起動するようになった。

Window Manager は、数年来 sawfish を愛用してるので、後でインストールしやう。ただ、最近、開発が進んでないんだよね。Fedora 用のパッケージも用意されなくなっちゃってるし。xfce とかっていいのかな? 軽量な Window Manager の流行って、最近は何かしらん。

2 comments:

  1. xfceがいいっすよ!
    と強くオススメしきれないのは個人の好みに依存するところが大きいからなのですが、とにかく軽いのは事実です~。

    特に自分はノート(ThinkPad X40)でFedora Core 5を動かしてるので重いXだと起動にかかる時間だけでやる気が・・・

    ReplyDelete
  2. 私が sawfish を愛用するのは、正に「軽さ」ゆえですね。Gnome や KDE の重さは、日常の利用にはちょい厳しいです ^^; ここら辺のこだわりは、ma さんと通じるものがあるかも ;)

    週末、xfce を入れてみますね (使い続けるかは分かりませんが...)。

    ReplyDelete