2010-10-29

ネットカフェ泊まりで生き抜くための 10 のアドバイス

今年も急に寒くなってきた。今年の寒い時期、ネットカフェに連泊していた頃を思い出す。

仕事や研究が忙しくなって帰宅する時間も惜しい時 (しかし、お役所的な理由で職場・大学で寝取まりが出来ない時)、安価に泊まれるネットカフェは重宝する。ビジネス・ホテルより安く、ネットや雑誌といった情報が手元にあるのがメリット。その代わりデメリットも大きい。本エントリーでは、一週 4 連泊をしなくちゃいけない位いハードなネットカフェ宿泊者向けに (自分の経験を踏まえて) 10 のアドバイスを書いてみる。

1. (重要) マスクは必須

ネットカフェの大抵は室温調節をちゃんとやっている。けれど、湿度調節まで行なっているネットカフェはほとんどない。湿度調節がちゃんと為されていないと、喉を痛める。喉を痛めれば風邪をひきやすくなる。ネットカフェはただでさえ体力の消耗が激しいので、長期利用を考えるなら自分で湿度調節する必要がある。

湿度調節で威力を発揮するのが「マスク」。ここでの目的は、ウィルスから身を守ることではなく、鼻や喉に適度な湿度を与えることなので、「ガーゼマスク」が良い。医療用とか、花粉用とか、超立体とか、さういったマスクは要らない。コンビニで売っている一番安い「ガーゼマスク」が良い。

加えて、ちょっとしたドラッグストアで「ガーゼ」を買っておくことをお勧めする。安いガーゼマスクは、中のガーゼがすぐにへたる。ここで新しくマスクを買うのではなく「ガーゼ」を買う。適当な長さに切って使えば良いと思う。ぼくは思いきって一枚全部を使った。一度ガーゼを洗躍すると、すごいフカフカになってマスクのフィット感が向上した。見た目は酷いけど、ネットカフェの中で使うんだから、誰も見ていない。人の目を気にする必要はない。

2. (重要) 分煙・禁煙をチェック

これは嫌煙家向けの項目。

煙草の臭いはとても嫌なもの。出来ることなら、時前にネットでネットカフェの分煙情報を調べておこう。

  1. 建物自体が分煙されている
  2. フロアーで分煙されている
  3. フロアー内に喫煙ルームと禁煙ルームがある
  4. 分煙されていない

上から下に行くほど、状況が悪くなっていく。ネットカフェに分煙の情報がなくても、ネットカフェのフロアー・マップからある程度分煙に関する情報は得られる。

ところで、1 番目に挙げた「建物自体が分煙」されている物件だけど、非常に少ない。ぼくが知る中では、新宿のアプレシオ新宿ハイジア店が、WEST 館と EAST 館に分かれていて、EAST 館が禁煙になっていたと思う。

3. ブランケットを借りる

冬は寒い。いくらエアコンで調節されているといっても、やはり夜は寒い。ほとんどのネットカフェでブランケットを「無料で!」借りられるので、このサービスは是非活用しやう。

4. ジャンバーを前後逆に着る

ブランケットを借りても、そのブランケットをちゃんと被って寝られなければ意味がない。ところが、ブランケットは布団ではないから、起きたらどこかに行ってたということが良くある。そこでブランケットは毛布代わりに使わない。

少し大き目のジャンパーを用意する。ボワになっているのが好ましい。体を締めつけるタイプはダメ。スルリと腕が入って、包み込むタイプが良い。これを前後逆に着る。すると、寝ている間、絶対に脱げることがない。前後を正しく着て前をしめると、そこはちゃんと服になっているので寝巻きのやうな快適さはない。かといって前を開けると寒い。前後逆だと着苦しい。だから少し大き目のジャンパーを選ぶ。

では、ブランケットはどこに使うか? ぼくはマフラー代わりに使った。徹底的に喉を守る。あと、ちょっと枕っぽくなって良い。

5. 専用靴下を用意する

仕事用の靴下は恰好良いけど、寝る時まで履くのはナンセンス。かといって、靴下を脱いで寝られる程ネットカフェの環境は良くない。そこで専用の靴下を用意する。

一番のポイントは、靴下の折れている部分がなるべくストレートなもの。靴下がストレートでないと、血の流れがおさえられて体が休まらない。寝る時だけで良いので、靴下を替えよう。

この手の靴下は「安眠用の靴下」をスーパーで探せば見つかると思う。下のリンク先は一例。

オーガニックコットン おやすみソックス

6. 椅子はリクライリングを選ぶ

フロア席があればフロア席を取ろう。なければ、リクライニング椅子を備えた個室を取る。リクライニング椅子は、なるべく角度を固定できるものが望ましい。

リクライニング席を取っても、席が後ろまで倒れないことがある。これは、ネットカフェが「寝る」ための施設ではないため。ネットを見たりマンガを読んだりするのに、最低限のスペースしか割かれていないのが、ネットカフェの現状。だけど悲観する前に試して欲しいことがある。椅子を動かして、部屋に対して対角線に置く。すると、縦に椅子を置いているよりも若干スペースを広く使える。リクライニング席も一番深くまで倒せるようになる (かもしれない)。

フロア席があっても狭くて足を伸ばせないとか、リクライニング席で角度が固定できない、なんて場合はリクライニング席の床に寝る手段もある。実はスペースだけで言えば、狭いフロア席よりリクライニング席の方が広い (机と椅子を置かなきゃいけないから)。床が綺麗で、何か敷く物がないと使えない方法だけど一度試してみる価値はある。

上に挙げた手段が全て通じないなら、別のネットカフェを探すことも選択肢の一つ。

7. シャワーに入らない

ネットカフェ生活の最初の方はシャワーはイイ。

でも、もし貴方がネットカフェに何週間も泊まっているのならば、それは相当に仕事・研究が大変なのに違いない。もう体力も限界に近いはず。そんな時にシャワーを浴びると、体の疲れがドッと出てくる。溜めてた疲労が最後の体力を奪う。その日、貴方は仕事など満足に出来ないでせう。

ここまで来ると、本当は休みを取るか、病院に行くのが良い。でも、あと数日だけ、あと一週間だけ。それを乗り越えれば、という状況もあると思う。そういう状況なら、シャワーは浴びないこと。

8. マンガを読まない

人間、不思議なもので体力がギリギリでもマンガを読めてしまう。ジャンプがあった。サンデーがあった。今日は月刊マガジンの発売日か。ネットカフェだから誘惑も多い。でもその誘惑は断ち切ろう。

マンガを読むと、なけなしの体力を使ってしまう。翌日の仕事・研究に影響が出るほど疲れていても、マンガは読めてしまう。だからマンガは手に取ってはいけない。

もしマンガを読むのであれば、朝、起きてから読もう。

9. ラジオ体操をする

ネットカフェ生活が続くと、「体」も限界に近づいて来る。でも、逆説的だけど、そんな時だからこそ体力を付けないといけない。体がもたない。そこで体を動かすことをお勧めする。

ぼくはラジオ体操をやった。

何十年も続いているだけあって、ラジオ体操はよく練られている。基本的に体全体を動かすようになっているし、実はその動きもハードな構成になっている。まじめにラジオ体操に取り組めば、息切れするほど。でも、これで一日、体のキレが良くなる。最初は、順番とか間違えたって構わない。とにかくやってみること。

ネットカフェで寝起きすれば、会社に来るのはほぼ一番乗りに近いはずだから、人の目を気にすることはないでせう。どこか適当に広いスペースを見つけて試してみて欲しい。

10. 今、貴方はエベレストに登っている

ネットカフェ生活が続くと苦しい。ネットカフェに泊まり続けることも辛いけど、その原因 (仕事や研究が山場・火の車・〆切ギリギリ) も辛いと思う。ここで「何で自分だけ」とかネガティブに走らない。

エベレストに登頂したことはあるかしらん? ぼくはない。でも、本で読むだけでその大変さの何十分の一かは想像できる。毎日歩き通しで、シャワーはなく、寝場所はテントの中。日々変わる天候。正しいルートから外れた時の焦り。山頂に辿り着けるのかという不安。注意不足は死との隣合わせ。でも、登頂できれば全てが報われる。

そんなプロジェクトに参加していると思えば、ホラ、少しは気が軽くなりませんか?

変な例えだけど、心をポジティブに持っていかないと、ネットカフェ連泊は耐えられない。

あとがき

当たり前過ぎてアドバイスには書かなかったけど、「ナイトパック」は必須ね。

あと、ネットカフェ生活に一区切りがつく段階で休みを取ることを確約させること。この約束を反故にされると、体じゃなくて心が壊れてくるので、必ず守らせること。そのためには、「自分が無理している」ことを周りにある程度周知させておく必要がある。

ネットカフェ生活を続けることは体力の限り出来ることではあるけれど、「体力に限界が来た時のアフターフォロー」を準備しておく政治力を持つのは非常に難しい。これはネットカフェ生活を始める前からの戦いになる。意外と盲点なのでお気を付けあれ。

19 comments:

  1. 目も守った方がいいですよね。
    アイマスクとかタオルで目を巻いた方がいいと思います。

    ReplyDelete
  2. あ、ありがとうございます。
    今度、ネカフェに連泊することがあったら参考にします m(_ _)m

    ReplyDelete
  3. 「ジャンパー」とか「シャワーに入らない」とか
    完全に、所謂「臭くてダサいオタク」じゃん。

    「仕事、研究で忙しいんダ!(キリッ)(プ~ン)」

    正直、勘弁してほしい。

    ReplyDelete
  4. でせう、とか言葉遣いがきもい。
    内容は独特で参考になりました。面白かったです。

    ReplyDelete
  5. > でせう、とか言葉遣いがきもい。

    ごめんなさい。

    > 内容は独特で参考になりました。面白かったです。

    ありがとうございます。

    ReplyDelete
  6. 二個上の人は社会を知らないんだろーなーw

    ReplyDelete
  7. 社会を知ってる俺・・・お前らとは違うんだ・・・!

    こういうことですか?

    ReplyDelete
  8. >マスクは必須
    これで喉を守る。大切ですよね。
    >分煙・禁煙をチェック
    最近になって分煙増えてきたけどまだまだ少ないですよね。
    >ブランケットを借りる
    僕は2枚くらい借りちゃいます。
    >ジャンバーを前後逆に着る
    友人宅で雑魚寝する時もよくやります。
    >専用靴下を用意する
    こんなものあるなんて知らなかったです…
    >椅子はリクライリングを選ぶ
    いつも金に物言わせてフラットとかにしちゃいます…
    >シャワーに入らない
    シャワーにそんな魔の手があったなんて知らなかった…
    >マンガを読まない
    受験前は、全部燃やして断ち切った覚えがあります。
    >ラジオ体操をする
    なるほど、体力が必要な時だからこそ動かすのですね。
    >今、貴方はエベレストに登っている
    僕も登ったことありません。ですが、このくらい考えないと乗り切れそうにないですね…参考になります。

    読んでいて、なるほど!と感じることが多かったです。
    ここで得た知識は有効活用させてもらいます。

    ReplyDelete
  9. 仕事や研究など、短期間で集中して膨大な量の作業をしたいときに、ネットカフェを利用することはあるのですが、せいぜい昼から夜まで、とかでした。
    実際に何日も泊り込む方っているんですか?
    会社や大学などとの往復かな?
    そのネカフェからほとんど出ないのなら料金関係がきになる!

    ReplyDelete
  10. ● Anonymous さんへ

    一項目ずつコメント下さりありがとうございます。

    分煙については、もっと増えて欲しいものですよね。ブランケットを 2 枚借りる技は思いつきませんでした。ちょっと勇気が要りますね。専用靴下は家で履いても良いですよ。これはネットで買わず、実物見て買うのが一番かと思います。フラットは時によって全部埋まっていたり、場所によって狭かったりします。そういう場合の対処方ですね。ちゃんとしたフラット席が取れるなら、そちらの方が私も良いと思います。シャワーに関しては、「体力も限界に近い」時の注意点として挙げました。シャワーを浴びてリフレッシュできているなら、まだ体力の限界にないと思うので、こんな野蛮なライフハックはやらない方が良いと思います。最後にラジオ体操は本当にお勧めです。

    ReplyDelete
  11. ● 心さんへ

    コメントありがとうございます。

    > 実際に何日も泊り込む方っているんですか?

    ネットカフェに連泊するような人は少ないと思います。少くとも、私の周りでネカフェ連泊を語る人間は聞いたことがありません。ただ、同じネットカフェに泊まっていると、同じ顔を見ることがありました。社会人な感じの人でした。きっとその方は、ネットカフェ連泊しているのだろうなぁ、と推察しております。

    > 会社や大学などとの往復かな?

    そうなりますね。

    > そのネカフェからほとんど出ないのなら料金関係がきになる!

    大体深夜料金が始まるのが 22 時以降です。大低のネットカフェはナイトパックを用意していますから、それを利用します。ナイトパックの料金は、ネットカフェによってまちまちですが、5 時間ナイトパック、8 時間ナイトパック、10 時間ナイトパックのどれかがあると思います。一番安いものだと千円を切りますが、「並」を選べば 1,200〜1,500 円といったところではないでしょうか。あとシャワー代が別に取られます。一式借りると 300 円位いかな? 5 時間ナイトパックなら、全部で 2,000 円以内というのが実感です。もちろん、良いネットカフェだと値段も高くなります。

    ReplyDelete
  12. おもしろい記事でしたぁ。
    行った経験はないけれど興味深い場所なので、いつかの際の参考にさせていただきます。

    書き方とか言い回しとか、そんなのはブログを書く人の個性だと思います。
    購読料もらってるわけじゃあるまいし、必要以上に気を使う必要はないと思うのです。
    自然体が一番ですよ。

    むしろ、みなさんの後学の為に、という思いが伝わって好感持てます。

    ReplyDelete
  13. keikei さんへ
    コメントの返事が遅くなり申し訳ないです。

    > (前略)
    > 自然体が一番ですよ。

    心のこもったコメントありがとうございます。
    癒されます :)

    > 行った経験はないけれど興味深い場所なので、いつかの際の参考にさせていただきます。

    ネットカフェは、ちょっとしたネットをしたり、気になっていたマンガの続きを読む時に重宝します。
    本エントリーで書いたようなイレギュラーな使い方は、できれば「しないで済む」生活を送れるのが一番かと ^^;

    ReplyDelete
  14. 旅行でネットカフェへ連泊します。何度も経験しています。
    慣れて、それが普通になりました。特別なものではありません。
    シャワーも使うし、ネットもいじるし、漫画も読みます。
    ホテルがわりで、自然体でいいんです。

    たりないのはコインランドリー。
    ネットでいちいち探す上、付近店やコンビニで聞かないと分からない。
    コインランドリーこそ、地元の人でも知らない人が多いです。
    ホテルには付いているけど、ネットカフェだとそんなふうです。

    ReplyDelete
    Replies
    1. > 旅行でネットカフェへ連泊します。何度も経験しています。
      > 慣れて、それが普通になりました。特別なものではありません。

      慣れてしまうとは凄いですね。

      > たりないのはコインランドリー。

      コインランドリー、あると便利ですね。

      Delete
  15. Masayuki Ataka 様

    いま、福岡天神のPと言うNCに逗留中です。
    先週福岡で一人暮らしの父親が倒れ、駆け付けたのはいいのですが・・・。
    連休でビジネスもシティもホテルは満室、あちゃ~。

    で、ここかって。先輩のアドバイス大変参考になりました。

    コインランドリー、そうそう困りましたが、ハタと名案。
    父が入院している病院だ!そう、洗濯室がある!
    きのうちゃっかりパンツ・シャツ・靴下、洗えました(笑)

    私がネットカフェの経営者なら、周囲の情報を提供する気概を持ちたいですね。じゃ。

    ReplyDelete
    Replies
    1. ブログの記事が思わず役に立ったようで幸甚です。

      > 私がネットカフェの経営者なら、周囲の情報を提供する気概を持ちたいですね。

      ブログの記事を書いた時には、思いも寄りませんでした。素敵な視点ですね。ネットカフェも内だけでなく、外にも目を向けると面白いサービスが提供できそうですね。

      Delete
    2. ぴゃぴゃぴゃーーーーーwwwwwwwwwwwww

      うqふいqしqhw

      Delete