2012-10-24

Apple スペシャル・イベント まとめ 〜 iPad 4, iPad mini, iMac, Mac mini, Macbook Pro Retina 13

2012-10-24 02:00 から Apple のイベントが開かれた。サブタイトルは「We've got a little more to show you」。発表されたのは新製品に iPad mini と 13 インチ Retina ディスプレイ版の MacBook Pro。モデル・チェンジ製品に iPad 4 と iMac。マイナー・チェンジに Mac mini という具合。「a little more」でも全然ないじゃない! と叫びたくなる発表内容。メモ代わりにまとめ記事を書いておく。

iPad mini

小型タブレット iPad mini が発表された。

ディスプレイ・サイズは iPad の 9.7 インチに対して iPad mini は 7.9 インチ。2 インチ弱小さくなった。重さは Wi-Fi 版が 308 g で、iPad の 652 g の半分以下。Wi-Fi 版と Wi-Fi + Cellular 版の 2 種類があって (価格表は下記)、Wi-Fi + Cellular 版は Softbank のみならず au からも発売される。発売日は 2012-11-02。

Wi-FiWi-Fi + Cellular
16 GB28,800 円39,800 円
32 GB36,800 円47,800 円
64 GB44,800 円55,800 円

さて、この iPad mini。iPad2 mini とも揶揄されている。これは、CPU とディスプレイの性能が iPad 2 相当だから。iPad は 2, 3, 4 と進化するごとに CPU を A5, A5X, A6X へと進化させてきた。一方、iPad mini に搭載される CPU は iPad 2 と同じ A5。iPad 3 と 4 の間が半年と空いていないので、2 世代後れとまでは言えないけれど、一世代半は遅れた CPU を使っていることになる。

加えて、iPad 3 から取り入れられた Retina ディスプレイ。これが iPad mini では使われない。ディスプレイのピクセルは iPad 2 と同じ 1024 x 768。ディスプレイ・サイズが小さくなっているので、ディスプレイ密度は iPad 2 の 132 ppi よりは大きい 163 ppi となっているけれど、Retina の 264 ppi には遠く及ばない。

iPad mini は最新の iPad と比べれば見劣りする。けれど、同じ 7 インチ・クラスのミニ・タブレットと比べると Apple らしい高級タブレットを出してきたとも思う。iPad は大きいと思う人達にとって、iPad mini をすぐに買うか、iPad mini 2 を待つか、それとも他の Android 機を選ぶか。悩ましい問題を投げつけてきた。

iPad 4

iPad 4 が発表された。発売日は 2012-11-02。iPad 3 との違いは新 CPU A6X とライトニング・コネクター。

A6X と iPad 3 搭載の A5X との違いを書く。

  • A5X より 2 倍高速
  • A5X よりグラフィック処理も 2 倍高速

あと、Wi-Fi のスピードも 2 倍になったという (技術的にはどういう改良をしたんだろ?)。

ライトニング・コネクター用にアクセサリーも充実。USB コネクター、SD カードリーダー・コネクター、HDMI 出力コネクター、VGA 出力コネクターが発売される。これは iPhone 5 でも使えるのかな?

他は、価格も大きさも iPad 3 と同じ。Apple は iPad 3 から番号付けをやめて「新しい iPad」と呼んでいる。だから、iPad 3 も iPad 4 も「新しい iPad」 (この記事では区別のためにあえて iPad 3/4 と書く)。番号付けをしないということは、大きな改新はしないということか? 次に来るのは iPad Pro とかになるのかな?

そうそう、今回の iPad 4 から au 版も発売されることになった。

iPad 4 及び iPad mini は LTE 対応の料金プランを出すと思うんだけど、LTE 対応は iPad 3 から始まってる。SoftBank は iPad 3 用にも LTE 向けの料金プランを発表しないのかな? できれば、iPhone 5 と一緒に使うと割引してくれればありがたいんだけど...

iMac Late 2012

iMac のデザインが刷新された。一番のウリは 5 mm という薄さのディスプレイ・エッジじゃないかな。ガラスかと見間違うほど美しい。デザインとしては 4 年振りの刷新。

モデルは 21.5 インチと 27 インチの 2 モデル。各々に低価格版と高価格版がある。一番安いのは 21.5 インチの安いバージョンで 108,800 円。発売は 21.5 インチ版が 11 月、27 インチ版が 12 月とのこと。

他には細々とスペックの向上が見られる。21.5 インチ 108,800 円バージョンでは、2.7 GHz クアッド・コアの CPU がデフォールトになり、メモリーは最初から 8 GB 搭載 (過去モデルは 4 GB)、ストレージは 1 TB (過去モデルは 500 GB)、グラフィックスは NVIDIA GeForce GT 640M を使う。また、USB 3 のポートが 4 つと Thunderbolt のポートが 2 つ。この拡張性の向上は大きい!

なお、CD ドライブは匡体が薄くなったため、外付けとなった。音楽をネット配信でなく、CD から取り込む人は注意。

個人的に、今回の iMac のアップデートが一番目を引いた。

13 インチ Retina ディスプレイ MacBook Pro

15 インチ Retina ディスプレイな MacBook Pro が発表された時、13 インチ版は出ないのか? という疑問の声が多く上がった。今回、遂にその不満が解消されることになる。発売は今日から。

ただし、15 インチ版を単純にダウン・サイズしただけではない。ここ要注意。15 インチ版と比べて、いくつかのスペックが落とされている。CPU では Core i7 Quad が Core i5 Dual に、ストレージは 256 GB が 128 GB に、GPU は Intel HD Graphics 4000 + NVIDIA GeForce GT 650M が Intel HD Graphics 4000 のみになっている。CPU/GPU ともにスペックが落ちているので、用途によって 15 インチか 13 インチか、ちゃんと考えないといけない。

なお、13 インチ版は (当然) 15 インチ版より小さいので軽くなっている。15 インチ版 2.02 kg に対して 1.62 kg。これは嬉しい。

Mac mini Late2012

形変わらず、スペック・アップ。発売は今日から。

CPU が Intel Core i5 Dual もしくは Core i7 Quad に変更されたのと、GPU が Intel HD Graphics 4000 に変更された以外、大きな変化はなし。おお、そういえば Thunderbolt ポートが 1 つと USB 3 ポートが 4 つ付いてる。これは前モデルと比べて進化しているのかな? ちょっと前モデルを調べられないので分からないけど、進化してたら嬉しいスペック・アップ。

Mac mini はいつも地味〜にスペック・アップを繰り返してる。宣伝するほど大衆受けはしないけど、玄人好みなモデルではあるんだよね。

No comments:

Post a Comment