2015-12-02

Smart Keyboard 開封の儀

Smart Keyboard が 2015-11-22 (日) に届いたので、開封の儀の様子を書き残しておく。

開封の儀

Untitled

Smart Keyboard for iPad Pro の入っているダンボール箱。大きい。

Untitled

Smart Keyboard の箱。iPad Pro のキーボードとして使う時の姿が表面にプリントされている。Apple Pencil では表面に何の文字もなかったけど、Smart Keyboard には本体名が入ってる。しかも、iPad Pro 用なことを強調するように「iPad Pro」の文言も見える。

Untitled

箱を開けると Smart Keyboard の一部が顔を出す。

Untitled

本体を取り出してみた。段差が見えるかな? キーボード部分の段差。

Untitled

保護用のシートを外した。シックな色あい。

Untitled

キーボード・カバーを開くと、キーボード部分の上に保護用のシートが一枚挟まってた。

Untitled

キーボード部分。US キー配列。4 段で数字部分もフルサイズ。iOS シリーズおなじみの「キーボード切り替え」用の地球キー (左下) も見える。

Untitled

iPad Pro と接続。ペアリングとか設定とか何一つ必要なし。コネクター部分にパチンと、マグネットでくっつけるだけで認識される。外せば解除。とってもスマート。

Untitled

キーボード表面を近撮。キーボードとキーの間に隙間がない。お茶をこぼしても大丈夫というのも頷ける。キーを打つと、シリコン製キーボードにあるようなポコポコとした感じじゃなくて、薄いながらもしっかりとしたクリック感がある。キーボード派なぼくとしてはキーを押した感触があるのはありがたい。Bluetooth キーボードのちゃんとしたものには負けるけど、カバーと一体化している構造/利便さを差し引くと、これはこれで大いにアリ。

写真では伝わりにくいと思うけど、キーボードの表面は薄い生地で被われている。キーボードの表面はたいていプラスチックなので、この布っぽい触覚は目新しく好ましい。

あとがき

スマートキーボードは iPad Pro の使い勝手を大きく変えてくれる気がする。Apple Pencil が今までにない iPad シリーズの創造体験を提供するとしたら、Smart Keyboard は Bluetooth キーボードでは提供できなかった「スマート」なキーボード体験を提供する。

Apple Pencil と同じくらい注目されても良いと思う。この人気の (相対的な) 低さはお値段の高さが影響しているのかな? 確かに安くはないけれど。

2015-12-01

Apple Pencil 開封の儀

Apple Pencil が 2015-11-22 (日) に届いたので、開封の儀の様子を書き残しておく。

開封の儀

Untitled

Apple Pencil の入っているダンボール箱。

Untitled

開けると、Apple Pencil の箱が現れる。ビニールでしっかりとダンボールに固定されている。

Untitled

ビニール外して取り出した Apple Pencil の箱。Apple Pencil の姿だけをあしらったシンプルなパッケージ。Apple らしい。

Untitled

引き出し式で取り出す。「Designed by Apple California」の文字。

Untitled

説明書を取り除くと Apple Pencil 本体登場。

Untitled

替えのペン先と Lightning Cable 接続用のアダプターが付いていた。小さいから、なくしそう。

Untitled

せっかくなのでサイズ比較。普段愛用している LAMY 2000 と筆箱。Apple Pencil は LAMY 200 より細く、より長い。普段使いしている筆箱より長い。持ち運ぶのはどうしよう。この筆箱、気に入っているから使い続けたいんだけどな。

Untitled

最後に iPad Pro とのペアリング。Apple Pencil を iPad Pro の Lightning コネクターに挿すと上の様なダイアログが出てペアリング終了。すごくシンプル。

あとがき

Apple Pencil を使えるアプリはまだ少ない。標準のメモ帳アプリが Apple Pencil に対応しているので、使ってみる。定規ツールが意外と使えて面白い。書き味はスムーズ。iPad のディスプレイに当たった時にカツカツと音が鳴るのは、どうしようもないのか、ぼくの腕が悪いのか。

ぼくに絵心がないのは分かっているので、絵を描くことはなさそう。プログラムのアルゴリズムを説明したりするのに、フリーハンドで図を画くのに使いそうかな〜〜。ちょこちょこアプリを買ったので色々試してみたい。

2015-11-22

Apple Pencil & Smart Keyboard が届くまで...

Untitled

Apple Pencil と Smart Keyborad が、2015-11-22 (日) に届いた。到着までの流れを残しておく。注文した時間は、2015-11-11 の 17 時過ぎ。発送まで 1-2 週間だった。

到着までの流れ

Apple Pencil と Smart Keyboard はヤマト運輸により配送された。注文当日、慌てていたので Apple Pencil と Smart Keyboard の注文を別々に行なった。つまり iPad Pro と Apple Pencil の注文を終えた後、Smart Keyboard の注文を行なった。そのため、配送の経過も商品ごとに違いが出た。Apple Pencil の記録を前に、Smart Keyboard の記録を後ろに「/」区切りで書き出す:

  • 2015-11-21 10:35/14:02 ADSC 支店 荷物受付
  • 2015-11-21 10:35/14:02 ADSC 支店 発送
  • 2015-11-21 19:51/19:31 羽田クロノゲートベース 作業店通過
  • 2015-11-16 12:54 台東松が谷センター 配達完了

iPad Pro の時は ADSC 支店の前に中国の深セン支店の記録があった。Apple Pencil や Smart Keyboard にはそういった記録がない。何故なのかな?

ADSC 支店の記録は Apple Pencil の方が早いのに、羽田クロノゲートベースを通過した時間は Smart Keyboard の方が早い。配送の裏事情に興味がわくね。

あとがき

iPad Pro の時の記録から、ADSC 支店発送の翌日に届くことが分かっていたので、今日は昼まで家で待機。宅配便を受け取れた。もし、ちゃんと記録を付けてなかったら、発送案内から「3 日後」に届くと思って家を空けてたかもしれない。小さな記録も残しておくと、役に立つ。

2015-11-20

Amazon Now サービス開始

2015-11-19 (木)、Amazon は「1 時間で届く、毎日のお買い物」と題して Prime Now サービスを開始した。

サービスは「お急ぎ便」よりも早く届く高速宅急便。2,500 円以上の買い物から利用可能。配送オプションは 2 つ:

  • 1 時間以内: 890 円 (6 時から 25 時まで)
  • 2 時間以内: 無料 (6 時から 24 時まで)

対象はプライム会員 (プライム会員でも 1 時間以内の配送には 890 円)。

対象エリアはまだ東京の一部に限られている:

  • 世田谷区全域
  • 目黒区全域
  • 渋谷区の一部
  • 品川区の一部
  • 大田区の一部
  • 港区の一部
  • 杉並区の一部
  • 新宿区の一部

購入は専用のアプリから行なう。iOS/Android/Amazon にアプリが用意されている。

あとがき

前日に Amazon Prime Music を日本でスタートしたと思ったら、今日は Amazon Now を発表。すさまじいな。

ぼくが住んでる所は台東区なのでサービス対象外。来年には対象地域になると嬉しいな。CD の衝動買いが増えそう。

2015-11-19

Amazon Prime Music スタート 〜 Apple Music, Google Play Music との違いにも想いをはせつつ

2015-11-18 (水)、Amazon が Amazon Prime Music をスタートした。

Amazon Prime Music は Amazon が提供するサブスクリプション型音楽配信サービス。同種のサービスに Apple の Apple Music, Google の Google Play Music などがある。提供楽曲数は数百万曲とのこと。利用に必要な条件は Amazon Prime の会員であること (含む Amazon Student 有料会員・Amazon ファミリー会員)。Amazon Prime の会費は 3,900 円/年。月額 980 円な Apple Music や Google Play Music より割安。その代わり契約が月ごとか年ごとかの違いがある。

利用は iOS / Android の Amazon Music アプリから (PC 版もあるのかな?)。下のスクリーンショットは iOS 版。

Untitled

Amazon Music アプリは既にインストール済だったので、起動したところ Amazon Prime Music の案内が現れた。「Prime Music へ」をタップ。

Untitled

おすすめのプライムアルバムが現れた。「おすすめ」「プレイリスト」「注目」「新着」「人気」。メニューを見る限り Apple Music や Google Play Music と同じ使い勝手かな。

アメリカ本国と連携サービス

Amazon Prime Music、Google Play Music そして Apple Music はアメリカ本国でもサービスが提供されている。アメリカ本国との違い。それから連携サービスについて見てみたい。

米 Amazon の Prime Music も、Amazon Prime サービスの一部として提供されている。アメリカの Amazon Prime は 99 ドル/年 (約 12,000 円/年)。3,900 円/年の日本版と比べて、随分と値が張る。その代わり Prime Photos (容量無制限のフォト・ストレージ・サービス) や家族間で購入した Kindle 本を共有できるファミリー・ライブラリー機能など日本にはない機能が多い。Prime Video もつい半年前までは日本に提供されていなかったサービスなので価格の差は納得。もしかすると、日本の Amazon Prime も値上げはあるのかな? 閑話休題。現在、日本で使える Amazon Prime の連携サービスには、当 Prime Music に加えて Prime Video、Kindle オーナーズ・ライブラリー、お急ぎ便、お届け日時指定便、パントリーがある。

Google は最近 YouTube Red と YouTube Music を相次いでリリースし、Google Play Music との相互乗り換えを提供開始した。YouTube Red は有料版 YouTube のようなもので、広告を取り除いたり、オフライン視聴を可能にするもの。YouTube Music は YouTube を音楽サービスとしてデザインし直したもの。どちらも日本でのサービスは始まっていない。今でこそ Google Play Music 単独のサービスとして提供されているけれど、これらのサービスが日本でも開始されると Google Play Music もお得感が高まりそう。

Apple Music は Amazon や Google と違い他サービスとの連携はアメリカ本国を含めて発表されていない。日本国内で目につくものを挙げると、ファミリー・プランがある。月額 1,480 円で最大 5 人 (自分を含めて 6 人) の家族に Apple Music を使わせるというもの。Amazon Prime にはプライム会員に「家族会員」というサービスがあるけれども、Amazon Prime Music には非対応。Google Play Music は Apple Music と同様に最大 5 人のファミリー・プランを設ける予定と聞いているけど、まだ始まっていない。

こうしてみると、Apple は彼らのサービスをかなり世界中で一気に開始している点が凄い。その代わり連携サービスが弱いので、他サービスに水をあけられないよう何か手を打つんじゃないかと期待したくなる。Google と Amazon は連携サービスが多い点も魅力。数ある連携サービスがいつ日本でも開始されるのか気になるところ。

あとがき

気がついたら、Apple Music のファミリー・プランを契約していて、Google Play Music の契約を切ろうと思ってたら YouTube Red の到来を待ちわびて契約を切れなくなってて、そうこうしているうちに Amazon Prime Music がやってきた。どのサービスも、今のところ、切る予定はない。

年末に時間が出来たら、各々のサービスの比較とかしてみたい。

そういえば、AWA と LINE Music は続けられなかったなぁ。。。なんでだろ。

iPad Pro が届いた — 開封の儀 —

2015-11-11 に注文した iPad Pro が、2015-11-16 (月) に届いた。

会社のお昼休みにヤマト運輸の配達店に行って受け取ってきた。以下、開封の儀の様子。

開封の儀

Untitled

ヤマト運輸のダンボール箱に入って iPad Pro は届けられた。この箱、かなり頑丈で畳むのに一苦労した。

Untitled

ダンボール箱を開けたところ。Apple のマークと iPad Pro の文字。

Untitled

表面は iPad Pro の薄さを強調するようなサイドからの見た目。

Untitled

箱を開けると、iPad Pro とご対面。

Untitled

iPad Pro の下には簡易な説明書。ライトニング・ケーブルと電源アダプター。

Untitled

全部、取り出してみた。

Untitled

iPad Pro の上に iPad Air 2 を横置きで置いてみる。iPad Air 2 の長辺が iPad Pro の短辺とほぼ同じというサイズ感覚。巨大。

Untitled

ディスプレイに貼ってあって保護シートを取り除いた。画面が巨大なだけに、ディスプレイを拭く布とか欲しいなぁ。初代 iPad には入っていたよね?

Untitled

電源オン! Apple マークが相対的に小さく見える。

ここからセットアップの様子を! と言いたかったけどスクリーン・ショットを撮り損ねてた。残念。

あとがき

iPad Pro は iPad (Air) と違う。ディスプレイの大きさが違うということは、持ち運びの便が変わるということで、使い勝手が変わるということで、利用シーンが違って来ることを今ヒシヒシと感じてる。

iPad にはペンシルやキーボードは要らなかったかもしれないけれど、iPad Pro には「必要」なガジェットのように思う。iPad Pro と同日に注文した Apple Pencil と Smart Keyboard は、まだ発送されていない。届いたら、また、記事にする。

2015-11-17

iPad Pro が届くまで...

Untitled

iPad Pro が昨日届いた。到着までの流れをメモとして残しておく。注文時間は、オンライン発売開始に当たる 2015-11-11 の 17 時過ぎ。刻印入りで注文。発送まで 2-4 日だった。

到着までの流れ

iPad Pro はヤマト運輸により配送された。配送記録は次の通り:

  • 2015-11-13 00:21 深セン支店 (中国) 海外荷物受付
  • 2015-11-14 10:41 深セン支店 (中国) 海外発送
  • 2015-11-15 09:59 ADSC 支店 荷物受付
  • 2015-11-15 09:59 ADSC 支店 発送
  • 2015-11-15 18:14 羽田クロノゲートベース 作業店通過
  • 2015-11-16 00:44 東京ベース店 作業店通過
  • 2015-11-16 07:59 台東松が谷センター 配達店到着
  • 2015-11-16 12:19 台東松が谷センター 持戻 (不在)

あとがき

「届くまで」エントリーは、Apple Watch, iPod Touch に続いて 3 本目。大まかな傾向が見えてきた。

だいたい到着日前日の 10 時頃に ADSC 支店に到着。同日 18 時台に羽田クロノスゲートベース作業店を通過。翌日、夜中の 0 時から 2 時の間にかけて東京ベース店を通過して、朝に最寄の配達店に到着 (東京)。

こういうメモを残しておくと、到着までの予測が立てやすくていいね。ADSC 支店からの流れは理解した。海外支店から ADSC 支店に届くまでの時間が読めないな。iPod Touch は上海支店発送で 3 日かかったけど、iPad Pro は深セン支店発送で翌日に届いた。引き続きデータを集めていきたいな。心の平安のために。

ref.

2015-11-13

Siri から電話をかける

SoftBank の契約をスマ放題に変えたので、実家の母に電話をかけてみた。ぼくは SoftBank、実家は DoCoMo だから、今まで iPhone で電話しようとすると通話料がかかってたのよね。

それで、iPhone 6s Plus から「Hey Siri」が「いつでも」使えるようになったというのを思い出した。ホームボタン長押しで、Siri を起動する必要がない。

  1. ポケットから iPhone 6s Plus を取り出して
  2. Hey Siri と呼びかける (ロック解除はしないで)
  3. Siri が起動する
  4. 「○○○○さんに電話」と Siri にお願いする
  5. 電話がかけられる

iPhone のディスプレイに触れる手間は一つもなし。周りに人がいると、誰に電話しようとしているのか分かって恥ずかしい場面もあるかもだけど、連絡帳や何やらを開く必要がないのは「楽」。

これは手放せなさそう。

PS. 同じ名前が複数ヒットする場合は、電話が開始される前に候補一覧が出る。

SoftBank の契約をホワイトプランからスマ放題に切り替えた

Untitled

電話の機会がめっきり減った昨今。たまにかける電話は長電話になる。結果、電話料金の精求を見て莉い顔をすることがしばしば。そんなこんなで、自分から電話をかけることが少なくなってしまった。

これはいけない、と思いスマ放題に切り替えた。

ホワイトプラン時代からの変化は次の通り:

  • 通話料: 従量課金 → 無料
  • データ通信 (MAX): 7 GB → 2 GB

料金は。。。

  • ホワイトプラン (934円) + パケットし放題フラット for 4G LTE (5,200円) = 6,134 円 + その他サービス
  • 通話し放題 (2,700円) + データし放題 小容量 (3,500円) = 6,200 円 + その他サービス

あれ? おかしいな。少し安くなると思ってたんだけど。

おや、なんでパケットし放題フラット for 4G LTE が 5,200 円なんだろ? SoftBank のサイトを見ると 5,700 円と書いてあるのに。

もしかして、何かの割引プログラムが適用されていたのかな?

こういうこともある。電話会社のプランは複雑で混乱するね! プランを変更する場合はご注意を。

差額 66 円高くなっちゃったけど、誰にでも気軽に電話できるようになったので良しとする。電話かければ 100 円なんてス一発だしね。ちなみに、データ通信は先月多目で 1 GB ちょっとだった。

2015-11-12

iPad Pro (Wi-Fi + Cellular) を注文した

2015-11-11 (水) 17 時過ぎ。Apple のオンライン・ショップで iPad Pro 及び周辺アクセサリーの発売が開始された。

過去記事で宣言した通り、iPad Pro とアクセサリーを購入した。

注文したもの (出荷予定; お届け予定日)
  • 刻印入り iPad Pro Wi-Fi + Cellular 128GB ゴールド (2-4 日; 11/16-11/20)
  • iPad Pro のための Apple Pencil (1-2 週間; 11/18-11/25)
  • iPad Pro のための Smart Keyboard (1-2 週間; 11/18-11/25)

AppleCare+ for iPad にも加入した。総計は怖くて見てない!! (購入前に概算は出した)

しくじった点

開始時間を見誤まった。アメリカ時間で 11/11 00:00 が発売開始と予想は立てていた。でも、サマータイムが終わってることに気付かなかった。17 時開始なのに 16 時開始と思い込んでいたため、集中力を切らしちゃった。おまけに、17 時丁度に開始しなかったので、アメリカ時間の 9 時頃開始かと下手な予想を立てた。おかげで、十何分か遅れて開始したことに気付けなかった (友達に教えてもらった)。

iPad に刻印を入れられるのね。そういえば、iPod Touch を買った時も刻印入れたっけ。忘れてたので、いい文章が思いつかなかった。ブログ名と自分の名前を入れただけ。練った刻印入れたかった。あとで、刻印入れなきゃ、発送が早くなりそうなことに気付いたけど、まあいいや。売る気はないし、刻印入りの方が愛着がわく。

ふりがなはカタカナで! 注文時の情報でふりがなを平仮名にしてた。修正するのに一手間。これは先に直しておきたかった。

セキュリティ番号!! 手許に財布がなくて、財布を取りに走る羽目になった。いけませんな。

スマートキーボードが見つからなくて困った点は大いに反省したい。iPad 版 Apple Store アプリで購入しようとしたんだけど、スマートキーボードが見つけられなかった。落ちつけば普通に見つかるのにね。iPhone だと画面が小さいからか、すぐに見つかった。テンパる時は iPad より iPhone の方が、ぼくには合ってるかもしれない。

あとがき

失敗した点を書き出したので、次に Apple Store で買う時は失敗しないはず。

さて、iPad Pro。アクセサリー類が同時に届かないのは寂しいけれど、本体だけでも楽しめそう。来週は良い一週間になりそうな気がする。