2015-01-06

カウンター 3,000,000 越え達成

当ブログへのアクセス数が、2015-01-06 (火) 3,000,000 を越えた (Site Meter 調べ)。

counter-2015-01-06

過去の記録を書き出してみる:

最初の 100 万アクセスまで 4 年と 3 か月。100 万アクセスから 200 万アクセスまでに要した時間は 2 年と 5 か月。そして、200 万アクセスから 300 万アクセスまでに要した時間は 3 年。

若干ペースが落ちている? 確かに 2014 年度は当ブログの投稿数が最も少ない年だった。Site Meter で計測する訪問数はあきらかに減っている。ページビューもがた落ち。1 日 1,000 PV も行かないなんて!!

ただし、ここに別のデータがある。Blogger に付いている「統計」機能。これによると、2015-01-05 のページビューは 1,116。Site Meter のデータの倍以上。

何故こんなに差が出るのか。思い当たるのはモバイルからの閲覧。Blogger は PC 用とモバイル用の 2 つのテンプレートを用意しているけど、モバイル用のテンプレートは基本いじることができない (カスタム・テンプレートを使うことは可能なんだけど、そこまで手が回ってない)。Site Meter のトラッキング・コードは PC 用テンプレートにしかないので、モバイル経由の訪問を拾えていない。モバイルからの訪問数がここ数年で大きく増えたと考えられそう。

ちなみに、Blogger の統計機能によると、2013 年 10 月には 7 万あった PV が、2014 年 12 月には 3.5 万と半減している。ブログ投稿数が減ったのが大きく響いているのかもしれない。

今年は汚名返上すべく、年 200 本は記事を書く! 目標設定!!

2015-01-02

LaVie PC-LS150TS を購入

実家が LaViePC-LS150TS を買った。

ぼくの Mac 購入案はあえなく破れた。今、実家でほぼ物置きと化している Fujitsu の Windows XP マシンよりは動いてくれそうなので、まあ、いいか。

スペック

今後の自分用メモにスペックを書き出しておく。

  • ディスプレイ: 15.6 インチ (1366 x 768)
  • ストレージ: 750 GB (Serial ATA, 5400 rpm)
  • CPU: 1.4 GHz (Dual Core) Intel Celeron 2957U (Haswell)
  • メモリー: 4 GB x1 1600MHz DDR3L SDRAM
  • 高さ: 2.5 cm
  • 幅: 38.6 cm
  • 奥行き: 25.8 cm
  • 重さ: 2.5 kg
  • グラフィックス: Intel HD Graphics (第 7.5 世代)
  • カメラ: 720p HD カメラ
  • DVD スーパーマルチドライブ (DVD-R/+R, 2 層書き込み)
  • USB 3.0 ポート x2
  • USB 2.0 ポート x1
  • HDMI ポート x1
  • LAN RJ45 x1
  • SD メモリーカード・スロット x1 (SDHC, SDXC)
  • 802.11n Wi-Fi ネットワーク, IEEE 802.11b/g 対応
  • Wi-Fi Direct 対応
  • Bluetooth 4.0
  • キーボード: JIS

付属品に Bluetooth レーザー・マウス。

あとがき

Windows マシンを触るのは久しぶりなので疲れそう。Windows 8.1 でスタート・ボタンが復活してくれたのはありがたいなー。Windows 8 だったら、きっと使えないと思う。

Wi-Fi は 802.11ac 対応とまでは行かないまでも 802.11an に対応して欲しかった。メモリーは今後のことを考えると、8 GB は欲しかった。最大 16 GB まで増やせるらしいので、いつか増量することになると思う。前の実家メイン・マシンと比べると、カメラが付属、Bluetooth 対応、無線 LAN 対応は大きなアドバンテージ。そして、何より、音が出るのは嬉しいな。旧機は Windows XP SP2 にアップデート後、サウンド・デバイス・ドライバーが対応されず「音が出なくなった」から。

「アナと雪の女王」をデジタル配信で見た (iTunes is best, now)

2014 年大晦日、紅白歌合戦で「アナと雪の女王」が取り上げられた。主題歌 Let It Go の日本語歌も良かったし、Idina Menzel のサテライト中継出演も良かった。ぼくは映画館で映画を観ていたけど、家族の中には映画を見ていない者もあったので、家で「アナと雪の女王」を観賞しようという流れになった。

パッケージ商品 (BD や DVD) を買うほどでもないし、レンタル・ショップまで出かけたくもない (借りられるか分からないし)。

一回限りのレンタルで十分だったので、映画配信サービスを試してみることになった。

いくつかサービスを比較してみて、選んだのは iTunes Store。ポイントは 2 点。

  • Full HD (1080p, BD 相当) の映像画質
  • ダウンロードして再生できる (ネットの通信速度が遅くてもカクつかない)

本エントリーでは、iTunes Store で再生する方法を書いた後、他サービスとの比較をまとめてみる。

iTunes Store でレンタルする

まず最初に iTunes アプリをダウンロードする。Mac ユーザーは iTunes をアップデートして最新にしておくと安心。

iTunes アプリを起動したら、メニューから設定 (環境設定) を選択し「Store」タブを開く。ここで「高解像度ビデオダウンロード時に優先」を「720p」から「1080p」へ変更する。

Store_環境設定_in_iTunes

iTunes Store で「アナと雪の女王」を検索。字幕版を選んで (もしくは日本語吹替版を選んで) 「\500 HD をレンタル」を選択する。再生開始から 48 時間中なら、何度でも見ることができる (再生開始までの猶予期間は 30 日)。

iTunes で再生する

用意するものは 3 つ

  • HDMI 入力を持つテレビ
  • HDMI ケーブル
  • パソコン (Windows or Mac)

パソコンとテレビを HDMI で接続する。ぼくは MacBook Air を使っているので、Belkin の Mini DisplayPort - HDMI 変換アダプターを使って HDMI ケーブルを接続する。

上の変換アダプターはぼくが持っているのと違う。ぼくの持ってるのは少し古いかな。

Apple のサイトを見ると、moshi の Mini DisplayPort - HDMI 変換アダプターが紹介されてる。これは 4K に対応しているみたい。変換アダプターは Mac を買い換えても使い回せるので、4K 対応のアダプターを買っておくのも悪くないかもしれないね。

iTunes でストリーミング再生するために

iTunes はダウンロードした「映画」を再生する。ストレージを圧迫するけれど、一度、全てのデータをダウンロードしているからカクつくことがない。ただ、全てのデータをダウンロードするのは時間がかかる。「待つ」のはつらい。

ストリーミング再生なら、待つ必要がないけれど、ネット回線が貧弱だとカクついたり停まったりする。

iTunes ではダウンロード中に再生も可能なので、ある程度ダウンロードしたのち再生を開始すれば待ち時間最小でカクつかずに再生できる。

一応、待ち時間なしですぐに再生を開始した場合に必要な回線速度を求めておく。

iTunes の HD (1080p) 版のサイズは 3.50 GB。映画は 1 時間 42 分。

大雑把に計算するため、ここではサイズを 3.6 GB (= 3,600 MB)。映画の時間を 2 時間とする。

1 時間は 60(分) x 60(秒) = 3,600 秒。

1 秒間に 0.5 MB のダウンロードができればストリーミング再生でカクつかない。

これは 4 Mbps に相当する。

実家では 1/1 に平均 5 Mbps くらい出ていたので、ストリーミング再生可。ま、一応、お茶を用意したりする時間にダウンロードを開始して余裕を持たせたけどね。

ちなみに、iTunes の HD (720p) でもサイズはほとんど変わらないので、HD を選択するなら 1080p を事前に選択することをオススメする。

Remote App で操作する

iPhone/iPad を持っているなら、Remote というアプリが便利。

iTunes を手元の iPhone/iPad から操作できる。対応している機能は一時停止・再生、巻き戻し、フルスクリーン化、音量調整など。テレビ近くに置いたパソコンに近づく必要がないので楽。

他サービスとの比較

最後に iTunes を選ぶ前に比較したサービスを挙げておく。参考にしてもらえば幸い。

サービスタイプ1080pHDSD
iTunes Storeダウンロード500 円400 円
Google Playダウンロード500 円400 円
Amazon インスタント・ビデオダウンロード500 円400 円
Huluストリーミング
TSUTAYA DISCAS 動画配信ダウンロード?500 円400 円

どのサービスもお値段に差はない。

iTunes Store は 1080p (BD 相当) の高画質配信を用意している点がポイント。設定が必要なので気をつけて! 再生は iTunes アプリから。

Google Play は 5.1ch 音声に対応していることを明示している唯一のサービス。iOS 用アプリも出ているはビックリ。再生はブラウザー (Adobe Flash Player) から。

Amazon インスタント・ビデオ、TSUTAYA DISCAS 動画配信は特に大きなメリットを見出せないかな〜。

Hulu は海外映画・TV を得意にしていて、ここで紹介した中では唯一の定額型サービス。残念なことに「アナと雪の女王」の品揃えは 2015-01-02 現在なかった。

あとがき

パソコンを持っていて、テレビに接続して「アナと雪の女王」を観賞する、という前提で調べたことを書いてみた。初めて動画配信 (オンデマンド・レンタル) を試す人は参考にしてもらえれば嬉しい。

ちなみに、スマートテレビや Apple TV, Google Chromecast などを使うと動画配信に PC を使わなくなるので、面倒が一つ減る。

2014-12-31

2014 年度の記事数は 100 本

当ブログの 2014 年度の記事数は 100 本だった。本記事が 100 本目となる (サイドバーのスクリーンショット; この記事を書いている途中なので記事数は 99 になっている)。

2014-blog-post

2005 年からブログを始めた。9 年間ブログを続けて、最も記事数が少なかったのは 2010 年度の 139 本だった。2014 年度は更に少ない 100 本。何とか年 3 桁を維持できた。

2014 年のビッグイベントを一つ挙げるなら、4/1 のChatWork 社への転職だった。その前後は極端に記事が少なくなっている。9 月。引越をして通勤時間が減った。生活に余裕が出来始めた。ブログの記事数も増えた。

2015 年はブログ記事数 200 本を目指したい。2015 年もどうぞよろしく。

半分の労力でコーヒー豆を挽ける ROK Coffee Grinder を注文してみた

Indiegogo で未来的で面白そうなコーヒ・グラインダー (コーヒー・ミル) が出ていたので注文してみた。英国は ROK の Coffee Grinder。正確には、「注文」ではなく「出資」ということになるんだけど、出資金額を十分に越えているのでほぼ注文と同じと考えていいと思う。

動画はこちら。

コーヒー・ミルが欲しくって

最近、コーヒーにハマり始めた。今までは実家に帰った時にドリップ式のコーヒーを頂くか、会社のコーヒーメーカーで作ったコーヒーを頂くか... 近所の喫茶店でコーヒーを飲むのがせきの山だったんだけど、フレンチ・プレス式のコーヒー・メーカーを入手してから家でもコーヒーを飲むようになった。コーヒー豆は近所のコーヒー・ショップでひいてもらってる。コーヒー豆によって、コーヒーも味が違うと「実感」できて、もう一歩ふみこみたくなった。

そう。コーヒー豆を自宅でひきたくなった。

コーヒー・ミルには手動と電動がある。

心は手動のコーヒー・ミルに動いていた。持ってると恰好よさそうだし、コーヒーを挽く作業が楽しそうだし、何より大学院時代、手挽きのコーヒー・ミルで豆をひいてもらっていた時のあの香りと時間の記憶がぼくの心をくすぐる。

一方で手動は大変だと聞く。

1 杯分挽くだけでも、百回近く回さないといけない。2 週間もすると、疲れてしまう人が続出する。数杯分を挽くためのものじゃない。etc.

結局、みんな電動ミルに移ってゆくんですよ、と。

モトがものぐさな自分のこと。手挽きミルを続けられる自信はない。コーヒー店で豆を挽いてもらって、特別な時だけ手挽きミルを使う。もしくは、手挽きミルと電動ミルの二つを用意しようか。悩んでた。

そこで出会ったのが ROK Coffee Grinder。

ダブル・エスプレッソ分の豆を挽くのに普通 130-190 回転必要なところ 62 回転で挽けてしまうという。時間にして約 30 秒。これなら、ぼくにも使い続けられそう!!

豆の粗さも、エスプレッソ用の極細挽きから、フレンチ・プレス用の粗挽きまで調節可能。ぼくが見た限り電動ミルは粗さを調節するのが苦手そうだし、手挽きもエスプレッソ用の極細挽きに対応している機種は少ないっぽい。

そんなわけで、清水の舞台から飛びおりる気持ちで「出資」してみた (出資は 2015-01-05 まで受け付けている)。発送は 2015 年 5 月。出資価格 $199。日本への輸送代金 $20。計 $219。5 月が楽しみ。

マイナビの Miracast の説明が分かりやすい

エプソンのスマートグラス MOVERIO が Android ベースで、Miracast を使って手持ちの Android タブレットから動画を転送・再生することができる.... という記事を書いた。

この記事で、Miracast を簡単に説明したけれども、詳しい規格の話はしなかった。話が脇道にそれるし、ぼくもよく理解していなかったから。

サイトを検索していたら、Wikipedia よりも分かりやすく詳しい解説をマイナビで見つけた。紹介したい。

引用

参考になった部分を引用してみる。オッと思ったら、是非、元記事を読まれたし。

android 4.2からサポートされた「ワイヤレスディスプレイ」こと、Miracastは、無線LANを使って、画面をMiracstデバイスに転送する技術

塩田紳二のアンドロイドなう (48) android 4.2からサポートされた「ワイヤレスディスプレイ」 | マイナビニュース より引用

これまで、似たようなものとしてインテルが提唱していたWireless Display(Intel WiDi)があったが、現在では、WiDiは、Miracast技術の一部となり、どちらもMiracastと呼ぶことができ

塩田紳二のアンドロイドなう (48) android 4.2からサポートされた「ワイヤレスディスプレイ」 | マイナビニュース より引用

Miracastを名乗るには、無線LANとWi-Fiの関係と同じく、Wi-Fiアライアンスでの認証が必要なため、単に「ワイヤレスディスプレイ」といった表記にしているところも少なくない。

塩田紳二のアンドロイドなう (48) android 4.2からサポートされた「ワイヤレスディスプレイ」 | マイナビニュース より引用

Miracastは、Windows 8.1でも正式対応となったため、仕様としての成熟や実装経験の蓄積などが急速に行われると思われる。

塩田紳二のアンドロイドなう (48) android 4.2からサポートされた「ワイヤレスディスプレイ」 | マイナビニュース より引用

Miracastは、無線LANによる伝送にWi-Fi Directを使う。Wi-Fi Directは、無線LANデバイスが1対1で行う通信方式で、デバイスの検出やWPA2による認証、暗号化といった技術を含む。

塩田紳二のアンドロイドなう (48) android 4.2からサポートされた「ワイヤレスディスプレイ」 | マイナビニュース より引用

前述のように、Miracastは、いまのところ、任意の機器の組み合わせでは、必ずしもうまく動くとは限らない。

塩田紳二のアンドロイドなう (48) android 4.2からサポートされた「ワイヤレスディスプレイ」 | マイナビニュース より引用

2014-12-26

Pioneer BD-120 のファームウェア・アップデートをした

Pioneer の BD プレーヤー BD-120 のファームウェアをアップデートした。理由は BD の再生に不具合が出たため。BD-120 はもう現役機ではないけど、後述のような不具合が出て BD プレーヤーが動かなくなった場合はファームウェア・アップデートで直るかもしれない。一度試してみて欲しい。

不具合

昨夜、マイケル・ジャクソンの Blu-ray「THIS IS IT」をかけようとしたら再生されなかった。

不具合としてはこんな感じ:

  • BD を入れたら読み込まれず、トレイが出てくる
  • 上手く読み込みに成功しても、時間が「00:00:00」のままで先に進まない
  • 「停止」ののち「再生」で BD のスタート画面まで辿り着くも、入力を受け付けない (以下の項目はリモコン/BD プレーヤー本体の両方で試した)
    • 確定キーを押しても再生が始まらない
    • 再生・停止ボタンが効かない
    • 矢印キーが効かない
    • トレイの取り出しが効かない
    • BD プレーヤーの ON/OFF が効かない

ただし、DVD を入れた場合は問題なく動作する。手元にある BD は一枚だけしかないので他の BD がどうかは分からない。ただ、以前、他の BD 再生は上手く行った記憶があるので、BD に依って「動く」場合と「動かない」場合があるように思う。

仕方がないので、電源コードを抜き、強制的に電源 OFF。電源コードを再び挿して、電源を ON にし、起動中にトレイ・ボタンを押して BD プレーヤー内の BD を取り出した。

説明書にある「故障かも・・・」のページを読んで関係しそうなことを全てチェックするもダメ。BD-120 の場合、電源ボタンを長押しすることで「リセット」をかけることができるけど、症状は改善しなかった。説明書には、電源コードを抜いて、後に再び挿す、という手順も書いてあったけど、これも効果なし。

「読み込み失敗」でトレイが出てくるというのは、どちらかというとソフトウェアよりハードウェアの故障を疑いたくなる (もしかしたら、ハードも壊れてるのかもしれなけど)。とりあえず、ファームウェアをアップデート以後、この症状も出なくなった。

あとがき 〜 ファームウェア・アップデートについて

各メーカーのサポートか製品ページから最新のファームウェアを入手してインストールする。詳しくは説明書参照! 説明書が見つからなくても、最近なら、メーカーのサイトに説明書の PDF 版が置いてあるので困ることはないはず。

Pioneer の場合、ファームウェアが .EXE 方式で固められていた! これは Windows しか想定していない。Linux までサポートしろとは言わないけれど、Mac ユーザーはどうすればいいのか!!! 幸い Windows XP な古い機体が残っていたので事なきを得たけど... 素直に zip で固めておいて欲しいなぁ。。。

筆王2003からはがきデザインキット2015へ連絡帳をインポートする

起動が亀の様な歩みで進み、Google Chrome の起動には数分待たされ、アプリを数個起ち上げていると常にディスク・スワップしまくる、Windows XP 搭載の PC で毎年、年賀状を作るのが辛くなってきた。はがき作成アプリも、12 年前から最新へと移行するのはかなり厳しい。

なんとか連絡帳データは CSV 形式でインポートすることができたけど、一筋縄じゃいかなかったので変換用スクリプトを書いた (EmacsLisp で)。一応、Gist に上げておいたので紹介する。

筆王で出力した CSV ファイルを Emacs で開き、リージョンを指定して M-x fudeo2hagaki-design-convert-addressbook を実行する。

データは次の順にならんでいることを前提にしてある。

  1. 名前 (姓と名は空白区切り)
  2. ふりがな (姓と名は空白区切り)
  3. 郵便番号
  4. 住所 1
  5. 住所 2
  6. 住所 3
  7. 会社名
  8. 部署名
  9. 役職
  10. 連名 1
  11. 連名 2
  12. 連名 3

使用上の注意。

筆王 2003 の CSV は Shift_JIS で出力されるので utf-8 に事前に変換すること。Shift_JIS の機種依存文字がある場合は変換に失敗するので、予め消すか代替文字に置き換えること。

「名前」と「ふりがな」は姓と名が空白で区切られていること。区切られていないと、カラム数が足りなくなる。

「住所 1」は都道府県名を含むこと。ないと、カラム数が 1 つ足りなくなる。

いくらか手作業で修正が必要になることもあるかと思うけど、一回だけの作業なのでそこまでスクリプトを作り込んでない。ま、参考程度にどうぞ。

はがきデザイン 2015 のインポート機能

今年は年賀状を郵便局のはがきデザインキット2015 で作ろうと思っている。初めてのトライなので、今まで使ってた年賀ソフトから住所録情報をインポートしないといけない。

はがきデザインは CSV 形式でのインポートに対応している。ヘルプを表示させると、次の説明が現れる:

import-address

取り込み可能なデータは、「姓・名 (漢字・ふりがな)、郵便番号 (自宅・会社)、住所 (自宅・会社)、会社名、部署、役職のみ」。

この説明、読むだけだといまいち判然としない。姓と名は 1 カラムなのか 2 カラムなのか? 住所は 1 カラムなのか等々。で、2015 年版の CSV インポ一ト機能を実際に使ってみた。

姓に 1 カラム、名に 1 カラム。住所は 4 カラム分用意されている。また、上記説明にはない「連名」なども追加できることが分かった。ここに、はがきデザインキット2015 でインポートできる項目を書き出しておく。一項目一カラム。省略化 (全ての項目を用意する必要はない)。

  • 氏名(姓)
  • 氏名(名)
  • フリガナ(姓)
  • フリガナ(名)
  • リスト表示用氏名
  • リスト表示用フリガナ
  • 郵便番号(自宅欄)
  • 自宅住所(都道府県)
  • 自宅住所(市区町村)
  • 自宅住所(番地等)
  • 自宅住所(建物名)
  • 会社名(会社欄)
  • 部署名1(会社欄)
  • 役職(会社欄)
  • 郵便番号(会社欄)
  • 会社住所(都道府県)
  • 会社住所(市区町村)
  • 会社住所(番地等)
  • 会社住所(建物名)
  • 敬称
  • 連名1(姓:自宅欄)
  • 連名1(名:自宅欄)
  • 連名1(姓名:自宅欄)
  • 連名1(敬称:自宅欄)
  • 連名2(姓:自宅欄)
  • 連名2(名:自宅欄)
  • 連名2(姓名:自宅欄)
  • 連名2(敬称:自宅欄)
  • 連名3(姓:自宅欄)
  • 連名3(名:自宅欄)
  • 連名3(姓名:自宅欄)
  • 連名3(敬称:自宅欄)
  • 連名4(姓:会社欄)
  • 連名4(名:会社欄)
  • 連名4(姓名:会社欄)
  • 連名4(敬称:会社欄)
  • 連名5(姓:会社欄)
  • 連名5(名:会社欄)
  • 連名5(姓名:会社欄)
  • 連名5(敬称:会社欄)
  • 連名6(姓:会社欄)
  • 連名6(名:会社欄)
  • 連名6(姓名:会社欄)
  • 連名6(敬称:会社欄)
  • カテゴリ
  • 送受履歴

来年度版がどうなるか知らないけど、2015 年度版はこれだけのインポート機能を備えている。旧姓が取り込めないのは残念かな。

もし、インポート作業をする人がいたら参考にしてもらえれば幸い。

2014-12-22

Yosemite 10.10.1 で日本語キーボードが消えた

MacBook Air (Yosemite, OSX 10.10.1) で日本語を入力しようとしたら、英語キーボードが切り替えられない。システム環境設定から「キーボード > 入力ソース」を選択すると、「日本語」が見当たらない。CJK (日本語・中国語・韓国語) 関連の入力ソースがことごとく消えている。

input-source

(スクリーンショットじゃ分からないかな...)

困った。日本語入力できないんで、日本語で検索できないのも辛い (iPad で検索はできたけど)。英語で検索をかけても、同じトラブルにハマってた人は見つけたけど、解決策が見当たらない。

でも、何とか戻った。やり方を書いておく。

直し方

すごくシンプルだった。

これだけ。入力ソースを見ると、Google 日本語入力の他に Yosemite 本来の日本語入力も出現した。

input-source-ja

Duet が怪しい?

この問題にぶつかった時、Facebook に困ったと書いた。そしたら、友達から情報が寄せられた。それに寄ると、Duet Display をインストールした人に同様の現象が現れたという。そういえば、ぼくもインストールしたばっかり。

しかも、Duet をアンインストールしたら ATOK も消えたとか (ぼくは ATOK をインストールしてないけど、注意しとこ)。

Duet が原因なのか分からないけど、再び同じ現象が起きたら Duet をアンインストールしてみる!!